暇人北っちの趣味ブログアフィリエイト。

ギター、ゲーム、アニメ。やりたいことに時間とお金を使おう。

Googleアドセンスの審査に通るためにチェックすべき注意点9つ!

ブログに貼り付けた広告がクリックされると、報酬が発生するGoogleアドセンス。

しかし、アドセンスを利用するには審査を受けて、合格しないといけない。

そこで今回は「アドセンスの審査に通るためにチェックしておくべき9個の必須注意点」を解説するよ!

「審査を一発で通したい!」とか「審査の申請前に準備しておきたいなあ」っていう時の参考にしてね。

前提 審査に100%受かるっていうのはない!

まず大前提なんだけど、色んな所でアドセンスの審査に通るための注意点っていうのがまとめられてる。

ただね、ブログ毎によって内容とか、審査を申請したタイミングっていうのはバラバラ。

今回お伝えする注意点は北っち自身やこれまでサポートさせて頂いた方の経験、実際の合否を踏まえてまとめているもの。

でも、実際の明確な評価基準がGoogleからは完全に公開されているわけじゃない。ようは受かるかどうかは申請してみないとわからないってこと。

でも、だからこそ最低限の受かるための対策というか、事前準備をしっかりしておくことが大切。

適当にやっても審査は合格しないんだから、今わかっている範囲で出来る、合格の可能性をアップさせることをやっておくっていうことを覚えておいてね。

Googleアドセンスの審査前にチェックすべき9のポイント

そしたら1つずつ見ていこっか。

1.無料ブログ、サブディレクトリ、サブドメインを使っていませんか?

1つ目は、ブログのURLについて。

まず、現在(2018年2月時点)においてGoogleアドセンスの審査は無料ブログでは受けられないよ。

なので、必ず独自ドメインを取得して申請すること。

そして、独自ドメインを使用したブログでも、サブドメイン、サブディレクトリは申請出来ないということにも注目。

サブドメインっていうのは「abc.kitacchi869.com」みたいなドメインのこと。

サブディレクトリは「kitacchi869.com/abc」のようなURLのこと。

この2つでも駄目。

必ず「kitacchi869.com」とか「himajin.net」のような取得したドメインにブログを作ろうね。

ブログはWordPressで作成すること。

2.記事数(コンテンツ)が不足していませんか?

2つ目が記事数。記事数はあればいいってわけじゃないんだけど、基本的に少ないと審査は通りにくい。

基準としては、最低でも20記事は記事を更新しておくこと。

出来れば30記事あるとグッド。1日1記事として、だいたい1ヶ月分だね。

で、こう言うと「一気に30記事アップすればいいんじゃね!?」って思うかもしれないけど、それはおすすめしないよ。

Googleは更新頻度もある程度チェックしているので、更新はなるべく毎日行うこと。

もし毎日更新するのが難しい場合、「予約投稿」を使って、空いてる時間にまとめて記事を書く⇒予約投稿で定期的に更新するようにしておくのがおすすめ。

3.記事の質(内容)が適当になっていませんか?

3つ目が記事の質(内容)。これは昔に比べてかなり審査が厳しくなったポイント。

昔は1記事の内容が

「今日はラーメン食べた。美味しかった」

みたいな日記でも審査に通ってた。(マジです)

でも、今はまず通らない。

日記がダメっていうんじゃなくて、「読者(記事を読む側)にとって役に立つ内容であること」が大事。

さっきの記事内容は「ラーメンを食べた」っていう情報だったよね。

これだけだと「だからどうしたの?」って読者は思うし、そもそも読まれない。

けれど、これが

「大阪で一番美味しいと思う豚骨ラーメンの〇〇に行ってきた!そこも定番メニューの豚骨ラーメンは麺が細くて、めっちゃうまい!こってりが苦手な女の子でも、さくっと食べられるし、替え玉も100円で安い。大阪来たら是非食べて!」

とかってなったらどうかな?

「大阪でうまい豚骨ラーメンのお店を探している読者」にとって、これは価値のある情報になるよね。

質の高い記事を書こうってよく言われるけど、難しく考えすぎないこと。

あなたが書く記事で、

  1. 悩んでる人へ伝えたい解決策
  2. おすすめしたいお店や体験

何かを踏まえて書くと日記だとしても「読者の役に立つ」っていう記事が出来上がるよ。

そして、自分の言葉で書くこと。

記事ネタはネットで探してもいいし、他のブログを参考にしてもいい。

でも、あなた自身の言葉で、出来るなら、体験談、意見、自分だけのオリジナルを盛り込もうね。

あ、言うまでもないかと思うけど、他のブログやサイトの記事をコピペしたらだめだからね。

4.1記事の文字数は1000文字以上ありますか?

4つ目が1記事に対する文字数。

Googleが「〇〇文字書かないとだめ!」っていうのを出しているわけじゃないけれど、1記事の文字数は1000文字以上はほしいところ。

もちろん、「ダラダラ引き伸ばして1000文字稼ぎました」っていうのはだめだよ。

3つ目のポイントでも言ったけど、読者さんに価値のある情報を記事で届けることが本題。

さっき例文出したけど、読者に向けて記事を書こうとすると説明したり、わかりやすく砕いたりと文章が長くなりやすい。

だから、結果的に1000文字くらいの文字数が必要になるっていうのがこの文字数のポイントになってるよ。

絶対に1000文字じゃないと審査に通過しないってわけじゃないし、これより少ない文字数の記事があっても受かるときは受かる。

それでも、読者にきちんと内容を伝えるために記事を書いたら1000文字超えてるってことは多いので、1つの基準にしてね。

5.基本的なページを作ろう

5つ目が、ブログにおける基本的に必要なページをきちんと用意しているか、っていうところ。

具体的には以下の通り。

  • プロフィール
  • お問合わせページ
  • サイトマップ(全記事一覧)
  • プライバイシーポリシー

これらは全て固定ページで作成すればOK。

固定ページについてはこちら。

お問合わせページはプラグインの「contact Form7」で作成しよう。

サイトマップを作成するには、プラグインの「Ps Auto Sitemap」を使おう。

プライバシーポリシーに関しては難しいと感じる場合も多いよね。

自分で文章を作成しないといけないんだけど、そのテンプレートを用意してくれているサイト様を紹介しておくね。

⇒アドセンスにはプライバシーポリシーが必須!書き方とテンプレート

感謝して、ありがたく活用させて頂きましょう。

6.著作権に反した画像、動画を使ってませんか?

6つ目が、著作権のある画像や動画を使っていないかっていうこと。著名人の画像などは基本避けること。

無料の画像素材、自分で撮影した画像はOK。素材サイトはたくさんあるので、チェックしてみよう。

動画も、公式のアカウントが公開しているものにかぎること。youtubeとかで、公式っぽいチャンネルもあるので、よく確認してから利用してね。

適当にネットから芸能人の画像などを拾って記事に利用することはNG。怪しい、わからない場合は無理に貼らなくてもOK。

7.禁止コンテンツをブログで書いていませんか?

7つ目は「そもそもGoogleが禁止しているコンテンツでブログ書いてない?」っていうこと。

⇒禁止コンテンツについてはこちら(AdSenseヘルプページ)

これを無視していると、知らず知らず違反していることがあるので。

例を挙げると、アルコール、タバコ、ドラッグなどなど。

ただし勘違いしたらだめなのは、これらを推奨、販売したりしているブログの場合。

禁煙に関する内容だったり、ドラッグのリハビリの情報サイトなどは禁止コンテンツにはならないよ。

8.アフィリエイトリンクを入れていませんか?

8つ目がアフィリエイトリンクを記事内に貼り付けているかどうか。

先に言っておくと、アフィリエイトリンクがあると審査に通らないわけじゃないよ。

実際アフィリエイトリンクが既に記事にあったけど審査に通過したっていう連絡も頂いているので。

ただし、まだブログを始めたばかりなら、無理にアフィリエイトリンクはいれなくてもOK。

落ちる要素を減らすという意味では入れないほうがおすすめ。

9.審査を申請してから記事を更新していますか?

9つ目が、更新を続けているか?ということ。

「アドセンスの審査を申請してあとは待つだけ!」ってまあそうなんだけど、審査結果が返ってくるまでもちゃんと記事は更新してね。

ちゃんと運営している、更新しているブログなんだなっていうことをGoogleにアピールするのと、単純に少しでも記事数を貯めたりっていうことにつながるからね。

一番大事なこと:「読者のために」を考えているか?

さて、どうだったかな?

これからアドセンスの審査って時の参考にしてみてね。

最後に一番大切なことをはなすよ。

ここまで言ってきたポイントはもちろん大切。でも、どんなブログであっても「読者のために」を最優先にしてね。

読者さんが読んで面白いと思う記事。

読者さんが読んで「悩みが解決した!」って感じた記事

読者さんが読んで「ものすごく共感した、頑張ろうって思った」って感じた記事

どういう切り口であったとしても、記事が読者さんの役に立つというのが最大のポイント。

Googleは読者さんを大事にするブログを評価するよ。色んなチェックポイントあったと思うけど、結局はここが適当だと意味ないからね。

不合格の場合、再審査について

アドセンスの審査を申請して、不合格だった場合は再申請に2週間の期間をあけること!

その間に記事を更新したり、上記のポイントをもう一度見直そう。抜けている部分があるかもしれないからね。

落ちても焦らないこと。落ち込むのはしょーがない。

でも次の申請で受かるようにきっちりまた準備して、2週間後に再チャレンジすべし!頑張ってね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top