暇人北っちの趣味ブログアフィリエイト。

ギター、ゲーム、アニメ。やりたいことに時間とお金を使おう。

初心者でも出来るキーワードプランナー無料版の使い方と活用方法!

今回はキーワード毎の「月間検索ボリューム」がわかる、キーワードプランナーの使い方(無料版)を解説するよ。

実際の使い方から、どうやって検索が多い狙い目キーワードを探していくのがお話するので要チェック。

ここでは

  1. キーワードプランナーの使い方と見方
  2. 記事としてアクセスが狙えるキーワードを選ぶコツ

この2つを特に解説するね。

お金を払うことで、より詳細な完全版を使えるよ。やり方は以下を参考にどうぞー。

⇒キーワードプランナーを完全版で使うための方法

キーワードプランナー無料版を使って狙い目キーワードを見つける方法

それじゃあキーワードプランナーを実際に使ってみよう。

⇒Googleアドワーズはこちら

Googleのアカウントが必要なので、まだの場合は作成してね。

ログイン出来たら、この画面が表示されるよ。ここがキーワードプランナーの画面。

「画面が違うんだけど・・・」っていう場合は以下のところからキーワードプランナーを探そう。

上のメニューから「運用ツール」⇒「キーワードプランナー」をクリックでOK。

それじゃあキーワードをチェックしていこう。

「新しいキーワードの選択と検索ボリュームの取得」の項目から、「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」をクリック。

一番上の「宣伝する商品やサービス」っていう欄に調べたいキーワードを入力しよう。

この時、キーワードは1語がおすすめ。2語以上の複合キーワードだと、検索結果が少なくなってしまうので。

最初から「この組み合わせだけが知りたい!」っていう場合以外は1語でやってみよう。

単語を入力したら、「キーワードオプション」をクリック。

オプション画面が開くので、一番上の「入力した語句を含む候補のみを表示」をクリック。

ターゲット設定を日本にしよう。

ここまで出来たら「候補を取得」をクリック。

これでキーワード候補と、キーワード毎の月間検索ボリュームが表示されるよ。

月間検索ボリュームって?

⇒「1ヶ月あたりにそのキーワードが何回検索されているか?」の平均数だよ。初期状態では12ヶ月の平均が表示されてるのだ。

無料版は「10万〜100万」みたいな感じでざっくりしか表示されないんだよね。

「ええ、こんなざっくりだったら意味ないじゃん!」って思った?いやいや、そんなことはないからね。

少なくとも何も考えずにキーワードを探すよりもずっと効率いいから。

狙えるキーワードの探し方!

月間検索ボリュームで表示される数字はいくつかあるんだけど数字の段階としては

  1. 10~100:これが一番最小の単位。
  2. 100~1000
  3. 1000~1万
  4. 1万~10万
  5. 10万~100万  めっちゃ多い
  6. 100万~1000万 これはくっそ多い

この6段階の範囲がある。

こんな感じで別れてる。で、数字が出てこなかったキーワードに関しては除外しよう。検索数が少なすぎるってことなので。

それを踏まえて、ブログで狙っていくキーワードの考え方は以下の通り。

  1. 複合キーワード(出来れば3語。2語でもOK)を狙う
  2. 検索ボリュームは参考程度(少なくても狙ってOK)
  3. 実際に狙うキーワードで検索をすること!

1.複合キーワードを狙う

まず、キーワード候補一覧で、複合キーワードを選んでいこう。

この時、キーワードの数は3語以上の組み合わせがおすすめ。

2語、もしくは1語は検索ボリュームが多いけれどライバルとなるブログやサイトも強いことが多く、ブログを始めたばっかりの時に狙っても上位表示させることは厳しいよ。

また、3語以上の複合キーワードはその組み合わせで、「読者さんが何を知りたいのか、何に悩んでいるのか?」という考えをこちらが推測しやすいから。

読者さんが知りたいことがわかれば、その複合キーワードで記事を書く時の内容も決まってくるからね。

いくらキーワードが狙い目でも内容が全然関係なかったら意味がない。そうならないためにも、複合キーワードを選んでしっかり考えていこう。

2,検索ボリュームはあんまり気にしない!

こういう数字が表示される系のツールを使うと悩むのが「どこまでのボリュームなら記事にしていいの?」っていうこと。

結論から言うと、あんまりボリューム数は気にしなくていいよ。

これ北っちも調べたり、実際に使ってて思ったんだけど、「月間検索ボリュームが少ない」が「アクセス少ない」とはならないっていうことなんだよね。

上の分類で「100〜1000」の複合キーワードでも、めっちゃアクセス来たり、「これはアクセスたくさん来るでしょ!」って思ったキーワードが全然だったり。。。

書いてみないとわからない部分もあるので、あくまで数字は参考にしておこう。

「これはアクセスくるかなあ・・・」って悩んだら、一回保留にしておいて他のキーワード探してみよう。

それで1時間探して見つからなかったら保留してたキーワードで記事をとりあえず書いてるといいよ。

3.実際に複合キーワードで検索してみる!

複合キーワードが選べたら、必ず自分で検索をしてみてね。

北っちはこの時、GoogleChromeのシークレットモードを使用して検索しているよ。

これは、自分の検索履歴に合わせた表示ではなく、正確な順位に基づいて結果を表示させることが出来るって言われてる。

なるべく正確な情報が知りたいので北っちは使ってるよー。

やり方はGoogleChromeで

  • パソコンで Chrome を開きます。
  • 画面右上で、その他アイコン その他 次へ [シークレット ウィンドウを開く] の順にクリックします。
  • 新しいウィンドウが表示されます。上部の隅にシークレット アイコン シークレット モード があれば、シークレット モードになっています。

キーボード ショートカットを使ってシークレット ウィンドウを開くこともできます。

  1. Windows、Linux、Chrome OS の場合: Ctrl+Shift+n キーを押します。
  2. Mac の場合: ⌘+shift+n キーを押します。

引用元:Googleヘルプ プライベートブラウジング

ってやればOK。Chrome以外にもFire fox、safari(スマホ含む)でもこれは出来るよ。

例えば「紅葉 見頃」で調べたら

こんな感じ。で、上から順番に実際にサイトやブログをチェックしてね。

この時、ネタになりそうなことはメモっておこう。ここで見ておくポイントは

  1. どれくらい検索した複合キーワードが入ってるサイトが上位表示されてるか
  2. 公式や企業のサイトが多いか、少ないか。
  3. 実際の記事内容はどんなことが書いてあるのか

この3つをチェックしておこう。

記事タイトルに検索したキーワードが入ってるブログやサイトが少ない場合、それは狙い目。

また、企業や公式サイトは基本強い。まとめブログとかもそうだね。なので、ブログが1〜10位以内に入ってるかもチェック。

2つ〜5つくらい個人のブログがあるなら、狙っても良いと思うよ。

3つ目は内容について。公式や企業サイトはネタを調べるリサーチ先としては超優秀。なので、せっかくだしどんどん参考にさせてもらっちゃおう。

簡単に言うと、

「個人が運営してるブログが多い&キーワードがタイトルに入ってない結果が上位表示されているキーワードは狙い目!」

ってこと。もちろん見つからない場合もあるので、これは繰り返しいろんなキーワードで試していこう。

何回も繰り返すことで調べるのも早くなるし、記事ネタのリサーチも一緒に出来るのでめんどくさがらず時間をかけること。

良さそうなキーワードが出てこなかった場合、キーワード候補をもう一回キーワードプランナーで調べるのもおすすめ。

今回だと、最初は「紅葉」で調べたけど、「紅葉 見頃」でキーワードプランナーを使ってまた候補を洗い出してみるってことね。

最初は時間かかると思うけど、キーワード選びにものすごく使えるツールなので、是非ためしてみてね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top