暇人北っちの趣味ブログアフィリエイト。

ギター、ゲーム、アニメ。やりたいことに時間とお金を使おう。

WordPressの子テーマとは?ブログ初心者にもわかる使い方とメリット

「WordPressのテンプレート、カスタマイズしたいなあ。」という時に便利なのが子テーマ。

「え、子テーマって何?」「それを使うと何が出来るの?初心者でも必要なのかわかんない(´Д`)」っていうお問い合わせを頂いたよ。

そこで今回は

  • テンプレートの子テーマって何?
  • 子テーマを使うメリット
  • 子テーマを使う方法(導入手順)

を解説するよ。

子テーマって何なの?基礎知識編

子テーマっていうのは簡単に行ってしまうと「カスタマイズ専用のテンプレート」のこと。

普段あなたがブログで使っているテンプレート、これは親テーマって言うよ。

親テーマと子テーマの関係は以下の画像の通り。

北っちが趣味ブログで使ってるSTORKっていうテンプレートだとこんな感じ。

 

下がSTORKの親テーマ、上のstork_customっていうのが子テーマ。

なぜ子テーマでカスタマイズした方がいいの?

「カスタマイズ用のテンプレートっていうのはわかったけど・・・」

「もとのテンプレートをそのままカスタマイズしちゃえばいいじゃん、それじゃダメなの?」

って思ったあなた。鋭い。

もちろんそのやり方でもカスタマイズ自体は出来るよ。ただし、テンプレートはバグ、エラーの修正や、より使いやすくするためにアップデート(更新)される。

その時、「お、テンプレートの更新来てるからやらないと!」って更新しちゃうと・・・今まであなたがカスタマイズしたものがカスタマイズ前に戻っちゃうのだ(´Д`)

要するに、データが更新されて「初期化」されちゃうってこと。

更新される度にカスタマイズをし直すのはめんどくさいよね。

でも、子テーマを使えば大丈夫。テンプレートがアップデートされても子テーマにはその影響がない。

つまり、カスタマイズはちゃんと残ったままテンプレートの更新をすることが出来るよ!

これで安心してテンプレートをアップデート出来るし、あなたの好みにしたカスタマイズもバッチリ残せる。

でも、あなたがテンプレートをカスタマイズしたい、もしくは今後カスタマイズしてみたいなら子テーマは大事。

WordPressでブログを初めたばっかりの方から、「子テーマって入れた方がいいですか?」っていうお問い合わせを頂くんだけど「子テーマを製作者さんが用意してくれているなら入れるべき。」ってお答えしているよ。

今すぐカスタマイズをする気がなくても、あとあといじりたくなった時に「親テーマ」を編集してしまわないようにしておきたいからね。

子テーマのインストール方法

子テーマをインストールする方法は、通常のテンプレートをインストールする方法と全く同じ。

なので詳しくはこちらを参考にしてみてね。

子テーマを使う場合の注意点

ここからは子テーマを使う時に覚えておいてほしい注意点をお伝えするね。

子テーマは親テーマ(もとのテンプレート)がないと使えない!

子テーマだけをインストールしても、テンプレートを変更したりは出来ないよ。あくまでも親テーマがあっての子テーマなので、子テーマを使う場合でも親テーマを削除したりしないこと。

子テーマが用意されているテンプレート紹介(無料、有料問わず)

ここまで子テーマの話をしてきたけど、最近は子テーマをテンプレートの製作者さんや販売会社さんが用意してくれてることも多い。

そこで、子テーマがすぐ使えるテンプレートを紹介しておくね。

Stinger8

無料で使いやすいと評判のStingerシリーズ。製作者さんが子テーマを用意してくれているので使わせて頂こう。

⇒Stinger 8はこちら

Simplicity2

こちらも利用者が多いWordPressの無料ブログテンプレート。ダウンロードページからダウンロード可能。

⇒Simplicity2の子テーマはこちら

Open Cage

初心者でも扱いやすく、デザインも綺麗な有料テンプレートを販売しているOpen Cage。販売しているアルバトロス、ハミングバード、ストーク全て子テーマがあるよ。

⇒Open Cageの子テーマダウンロードはこちら

⇒北っちも愛用してるSTORKの詳細レビューはこちら

子テーマは自作可能。けど無理してやらなくてもOK

子テーマは実は作る事も出来るよ。テンプレートによっては子テーマが用意されていないのでその場合は作るしかない。

ただ、無理に作らなくてもいいかなーと思うよ。

1つは有料テンプレートの場合、子テーマを使わなくてもカスタマイズ残るテンプレートもあるから。北っちがこのブログで使っているDigipressとかはこのタイプ。

どうしてもっていう部分があるならわからなくもないけど、今のところ子テーマ無しで不満もないのでそのままにしてる。

⇒Digipressで子テーマを作る方法はこちらのサイト様がおすすめ

また、子テーマをワンクリックで作成するプラグインもあったよ。

⇒子テーマをワンクリックで作成するプラグイン、One-Click Child Theme

まとめ

子テーマはあれば便利なので、あなたが使っているテンプレートを確認して、最初から用意されているなら是非使おう。

参考にしてみてね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top