暇人北っちの趣味ブログアフィリエイト。

ギター、ゲーム、アニメ。やりたいことに時間とお金を使おう。

アバターに必要な表情の数って?なぜ必要なの?

ブログの印象を決める重要ポイント、アバター。

以前も言いましたがアバターは
ネット上でのあなたの分身なので
オリジナルの物を使うのがベスト。

そこで自分で書いたり、
絵師さんにお願いしたりします。

そのアバターでちょっと
気にしてほしいのが表情のパターン。

アバターの表情パターンはあったほうがいい

北っちはアバターをお願いする時
必ず表情を6パターン書いてもらっています。

具体的に言うと

喜、怒、哀、楽、悩み、驚き。

当然お願いする絵師さんには
表情のパターン分金額をお支払いしています。

「えー、お金かかるし普通のと笑顔くらいで
別に問題ないんじゃねーの?」

と思うかもしれませんね。

 

しかし、表情は上記の
6パターンをもっておくことをおすすめします。

 

理由は単純。

あなたががっかりした記事を
ブログで書いたときにそこで使う
アバターが笑顔だったらなんかおかしくないですか?

悲しい記事では悲しい表情。

びっくりしたこを記事にするなら驚いた表情。

他の画像とアバターを組みわせて
新しくバナーやサムネイルを作る場合も
表情パターンがあれば組み合わせやすい。

 

もっとわかりやすい例を出します。

「Σ(゚◇゚;)マジデッ!?」

という文章のところに、
笑顔の表情と驚いている
表情どちらが使いたいですか?

絶対後者ですよね。

 

「実は、財布落としたんです・・・。」

って書くなら悲しい表情を
使いたいですよね。

ここで笑顔のアバター使ったら
「え!?悲しい話じゃなかったの?」

って読者さんは感じますよね。

 

文章で書いたことに合わせたアバターの表情を使うことで
読者さんにその気持をはっきり伝えることが出来ます。

アバターをお願いする、
もしくは書く場合は出来るだけ
表情のバリエーションを作りましょうね。

あ、ポーズは全て同じでもOKです。
そこまで凝るかどうかはお好きにしてもらって構いません。

参考にされてみてくださいね。

北っちの編集後記

新しいiMacをフルカスタムで
買うことになりそうです。

結構なお値段ですが
後々のことも考えると
ここは買わないとまずいので。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top