暇人北っちの趣味ブログアフィリエイト。

ギター、ゲーム、アニメ。やりたいことに時間とお金を使おう。

雑誌から情報を上手にまとめて価値あるブログ記事にする方法教えます。

ブログの記事にする情報を
集める時に北っちがよく利用するもの。

それは他人のサイトや、メーカーの公式HPなどなど。

これがネットでの情報収集。
そしてもう一つが・・・雑誌。

僕はもともと雑誌を毎月買うような
タイプではなかったんですけど、
ブログの記事ネタになる情報がいっぱい詰まってるので
最近は良く買っています。

ですが、雑誌に書いてある情報を
どうやって綺麗にまとめて、
記事にすればいいのかわかんない!!

「雑誌買ってきて読んでみた・・・
が、これどこをまとめたらいいんだ!?」

という経験をした方はいませんか?

 

そんな時のために雑誌から
効率よく情報をまとめて記事にする手順を
お伝えしちゃいますね。

 

大まかな手順としては以下の流れ。

  1. 雑誌をざっと眺める
  2. 目次から気になるページをチェック
  3. 基礎知識や特集記事を念入りに読む
  4. ノートなどにポイントを書き出してまとめておく
  5. 実際に雑誌を見ながら記事を書く

この5つのステップ通りにやれば
雑誌から記事をいくつも生み出す事が出来ます。

それでは細かく見ていきましょう。

 

1.雑誌をざっと眺める

雑誌はとりあえず読む。

これが大事。

この時、隅々までチェックしなくてもOK。
だって面倒じゃないですか。

雑誌には広告のページもいっぱいあると
思いますけどそんなのはサラッと見ておけばいいんです。

ペラペラとページをめくり
流し読みのように全部のページを眺めて下さい。

途中気になる記事(商品)があれば
それは後で読むようにページの角を
折っておきましょう。

 

2.目次から気になるページをチェック

次に目次を眺めます。

大体雑誌の目次は
一番上に特集記事のタイトルがあって、
それから毎月のコーナーやらインタビューの
項目が並んでいると思います。

目次の一覧からあなたのブログの
ネタになりそうな内容があるかチェックしてください。

 

3.基礎知識や特集記事を念入りに読む

この3つ目のポイントがすごく重要です。

ブログのネタとして使いやすいのは
そのテーマの基礎知識をまとめたページや
季節などのシーズン特集記事。

新製品のレビューなどもそうですね。

基礎知識や特集記事は
じっくりと読み込んでいきましょう。

ここは多少時間を長めに
取ってもOKです。

 

4.ノートなどにポイントを書き出してまとめておく

ステップ3までで読んだ内容を
ポイント毎にメモしておきましょう。

箇条書きでも走り書きでもいいです。

あなたが後で見て理解出来るなら
どんな書き方でもOK。

ちなみに北っちは小さめのノートに
ガーッと書き出しています。

例えばゲーム雑誌を読んでいて

「モンハン4の最新情報!」

とか

「PS4のスペック」

とかって書いておきます。

これが実際にブログで記事にする時に
すごく役立つメモになるのでこのステップは
必ずやるようにしてください。

 

5.実際に雑誌を見ながら記事を書く

ここまで出来たらあとは記事を書いていくだけ。

記事にしたい内容はステップ4までで
まとまっていますよね。

ここでまだまとまってないと感じるなら
もう一度ステップ4までを繰り返して下さい。

で、記事を書く時は必ず雑誌を
見ながら書くこと。

記事にしたい内容のページを開いて
記事と雑誌を交互に見ながら書きましょう。

こうすることで内容の確認、
読んだ時に感じたことをダイレクトに
記事にしていくことが可能です。

言うまでもないですが、
雑誌で書かれている文章をそのまま
記事にするのはやめましょう。

僕はこのようにして雑誌を
有効活用し、記事を増やしています。

雑誌は毎月出ることが多いので
その度にチェックすれば記事を
どんどん書いていくことが出来ます。

結果、記事がたくさんあって、
内容の濃いブログが作れるので
あなたも是非活用してくださいね。

 

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは、

    サンやんです。

    ランキングからお邪魔しています。

    とても細分化された記事内容で
    解りやすく、内容の濃い記事でした。

    参考になりました!ありがとうございます。

    本日応援完了しております!

    ではまた。

    • サンやんさん
      コメントありがとうございます。

      なるべく具体的にと思って書かせて頂きました。
      参考になったなら幸いです!!

      北っち

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top