暇人北っちの趣味ブログアフィリエイト。

ギター、ゲーム、アニメ。やりたいことに時間とお金を使おう。

ブログ初心者向け、記事のネタ切れがなくなる4つの探し方

ブログを運営していると、どうしても起こるのが「記事に何書こう・・・」っていうネタ切れ状態。

書くことが決まってないからなかなか記事が完成しない。そんな状態を防ぐために、北っちが普段からやっているネタ切れ対策と常に記事ネタをストックする方法をご紹介。

記事にするネタの探し方は2つ。

どんなブログだとしても、記事にするネタっていうのは2パターン。ネタを探して書くか、ふと思ったり感じたことをネタにするか。

前者は「自分からネタを探しに行く」パターンで、後者は「ネタが降りてくる」って感じ。細かいことはもっとあるけど、大まかにはこの2つ。

自分からネタを探しに行く場合

ネタ切れを脱出するために自分からネタを探しにいく、要は雑誌とかの記者みたいな感じ。

このパターンで北っちはよくやっているのは

雑誌や書籍を読む

今やってるブログのテーマに関する雑誌とか、書籍を読んでみること。プロの書いた文章は参考になるし、図とかデータが載ってたりするとそれを踏まえた説明が出来たりもする。

雑誌とかはいろんなコラムが載ってるので、なんとなく読んでたけど「お、これ面白い」って思ったことを記事にするのも有効。立ち読み、図書館、実際に買うなど方法は色々あるけどやりやすい。

動画やネット漁る

nicnico

youtubeとかニコニコ動画は興味のあるテーマの動画が結構ある。文章でわかりづらい説明も動画だと動きあって面白い。

ゲームとかは特に雑誌読んでもわからんしね。実況動画とか北っちはめっちゃみるよ。ゆっくり系、RTA、VOICEROID系、実況者系どれも好き。

youtubeは講座だったり、メーカーのプロモーション動画とか見ることが多いかな。公式の動画だとブログで記事にした時参考として載せてもいいね。

もう1つのネットを漁るっていうのはブログやツイッター、Facebookなどからネタを探すってやり方。

これはねー、正直あんまりおすすめはしない。ぼやっとでもネタにしたいことがあればいいんだけどなんにも決めずにこれをやると、ただブログを巡回したりツイートを眺めてるだけで時間が経つから。

やるにしても、お気に入りのブログとかいつもチェックしてるフォロワーさんとかそういう風に絞ってチェックするのがおすすめ。1つのブログを最初の記事から全部読んでみる、とかね。

人に話をしてみる

友達とかその趣味に詳しい人と話せるのであれば、情報交換をしてもいいね。リアルの友達はもちろん、今はスカイプとかLINEがあるのでそこでやり取りしてもいいよ。

ダラダラ話してると、地味に発見があったりするので。

急に思いついたネタをストックしておく方法

これはネタ切れになってからと言うよりも、ネタ切れをしないように普段から北っちがやってることかな。

記事にしたい内容を出来るだけストックしておけば、ネタ切れの可能性は限りなく低くなるからね。

音声に録音したり、走り書きしておく

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-02-21-47-29

北っちが特に最近やってるのはこれ。普段の生活でアニメ見たりマンガ読んだりしてて感じたこと。その瞬間に「あ、これ記事にしたい」って思うときがある。

そういう時はとりあえず音声で録音して残しておいてる。MacだとQuickTimeplayerがあるので簡単。スマホの録音アプリとかでも全然OK。

スマホだとPCM録音(iPhone)がおすすめ。アンドロイド版はこちら

音質とかは聞ければいいので。で、録音する時も1発で。噛んだりとか、途中で詰まっても気にしない。思ったことを言葉にして残しておくのが目的だから。

これはもともと、ギターの練習だったり曲のフレーズが頭の中で思いついた時にやってたことの応用。これを聞き返して記事にしてる。

音声が一番いいんだけど、録音出来ない状況(電車の中とか、周りに人がいる場合)はメモること。この時も、文章にするってことは意識しない。

キーワードだけとか、とりあえず箇条書きとか。で、書いててなんか文章に出来そうなら出来そうなところだけやっておく。メモするのは手帳でもいいし、スマホのメモとかでもOK。

これを思いついた時に必ずやる。あとで思い出そうとしても正確に覚えてられないし、忘れるから。

ストックしたネタはすぐ記事にしないとダメ?

こういうストックした記事ネタだけど、すぐに更新しないとだめってわけじゃない。

確かにすぐ更新した方がテンション高いし、内容も覚えてる。けどそうじゃなかったり、書く時間が取れなかったり、別の記事を書いてる途中(これよくある)なら一旦寝かせよう。

北っちは音声で録音した内容を記事にするのはだいたい1日後。寝る前に録音して、次の日聞き返しながら記事にする。っていうかこの記事がまさにそう。

1日置くことで客観的に音声を聞けるし、「あ、これはもうちょっと足したほうがいいかな」とか「これちょっと調べておくか」ってことがあるから。

曲で言うところの「デモ曲」が録音したやつで、それをもとにアレンジとか編曲したのが「記事」って感じ。より記事ネタが読者さんに届くように、わかりやすくなるように、正確になるように。

すぐ更新出来るならいいけど、無理して更新する必要はなし。

まとめ

スタイルに合わせた記事ネタの探し方をまとめたけどどうだったー?

覚えておいて欲しいのは、どちらのパターンもやってほしいってこと。記事ネタを探すことも、ふいに思いつくこともある。探してばっかりは疲れるし、降りてくるのまってても来ないときは来ない。

日々の更新をしっかり続けるためにも、今回の方法を参考にしてあなたのブログの記事ネタをたくさんストックしてねー。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top