記事の書き方講座

今すぐ出来るブログの文章、表現の基準を決める3つのポイント教えるね。

ブログで記事を書くときに
気になるのが文章。

言い回しとか言い方だね。

これ結構大事。

でも、「です」「ます」みたいな言葉使いが
どんなブログでも一番適切って
わけでもなかったりするんだよ。

そこで、あなたのブログに合った
文章表現が決まる3つのポイントをお伝えするよ。

ブログの文章、表現を決める3つの考え方

押さえておきたいのは以下の3つ。

  1. ブログのテーマ
  2. ブログに集めたい読者
  3. あなたのブログ上でのキャラ

そんじゃ1個ずつチェックしていこう。

ブログのテーマから考えよう

まず最初にチェックして欲しいのが
今あなたが運営している、
あるいはこれから始めたいブログのテーマ。

このテーマによって文章は
大きく変わるんだよ。

例えば政治や医療、それから
資格とかについてのブログだったら
どちらかと言うと固いイメージがあるよね。

だったらそれなりにかっちりした
文章の方がいいね。

「ですます口調」できちんと
文体を整えるのがベスト。

一人称も「僕」「私」
という感じの方が丁寧。

 

逆にゲーム、マンガとかの
趣味ブログは柔らかい言い回しがいいよ。

「〜だよね!」「めっちゃ面白いww」
って感じで砕けた文章のがいい。

ゲームの情報を書いてるブログで

「私は、この〇〇というゲームが
大変待ち遠しく感じている」

って書かれてたら

「え、なんでそんな固いの?」

って北っちなら思うww

「次出るこの〇〇さ、
もうめっちゃ楽しみで寝れないんやけどwww」

とかの方が親近感沸くもん。

自分のブログのテーマを見返して
「どっちがいいかなー?」って考えてみよう。

集めたい読者から考える

次は集めたい読者さんから
文章をどうするか考えてみよう。

例えばブログに来てほしい
読者さんが20歳の大学生。

若い世代の人には固い
言葉よりも砕けた友達のような
文章の方が読んでくれやすい。

反対に40代の社会人男性とかなら
しっかりした少し固めの文章でもいいね。

年齢、性別、性格など、集めたい読者さんは
なるべく具体的に設定しておくのがおすすめ。

ブログ内での自分のキャラから考える

最後にあなたがブログ内で
どういうキャラでいきたいか。

これも言葉遣いに関係してくる。

偉そうにしたくない、あくまで読者さんと
友達のような感じになりたいなら固い文章より
砕けた感じの方がとっつきやすいよね。

「この人絡みやすいし、友達みたいに接してくれる!」

って読者は感じる。

 

逆に先生と生徒のような関係でありたいなら
線引きをしっかりさせるために「〜です」と
使った方がいいね。

「あの人は何でも知ってて博士みたい!」

とか読者さんに思われたりもするよww

 

この3つのポイントからあなたが
ブログでどんな言い回しや表現を
していくか決めておくといいよ。

ある程度基準をもっておくと
キャラがぶれたりしないし、
集まって欲しい読者さんが
ブログに来てくれるようになるからね。

文体や表現を変えるだけで反応が上がったよ

北っちも最初はどんなブログでも頑なに
「〜です!」とか「〜と思います。」
っていう固めの文章だったんだよね。

でもねー、自分が求めているのは
同年代だし、偉そうにしたくないし
そんな難しいテーマでもない。

だからもう普段の感じみたいに
軽く軽く書くことにしたんだよね。

「〜じゃね?」とか「〜だよ。」
とか顔文字ガシガシ使うとか。

そしたら前よりも年齢の
若い読者さんが増えたし、
コメントやツイッターとかでも
めっちゃ絡んでくれるようになったの。

「昔は固い表現が多かったから
みんな絡みづらかったのかなあ・・・」

って今になって思うよ。

 

あなたもこの3つのポイントから
自分のブログでの文章を見返してみてね。

 

ABOUT ME
アバター
北っち
趣味や興味のあることだけで稼いで、家から出ずに毎日まったり生活中。 「趣味×ブログ」を活かした「趣味ブログアフィリエイト」の人。
ブログアフィリエイトで月10万円稼ぐために必要な準備、作業、ポイントをまとめました。 ⇒詳細はこちらから
趣味ブログのアクセス、テーマ、報酬アップに必要なことをすべて詰め込んだ教科書です。 ⇒詳細はこちらから
趣味を活かしたブログで楽しく稼ぎませんか?

「アニメが好き!」「ニコ厨で毎日ニコ動見てる」
「音楽聞いたり、ライブが好き」「ゲーム大好き。新作プレイしたい」

でも・・・好きなだけやる時間とお金がないorz

めんどくさい仕事やらバイトは楽しくない。どうせやるなら楽しいことでお金を稼ぎたい。

ほんとそれ。なのでそんな自分の好きなことで楽しくお金と時間を手に入れる方法をお届けするよ。

⇒プレゼントはこちら

◆こちらの記事もおすすめ◆