暇人北っちの趣味ブログアフィリエイト。

ギター、ゲーム、アニメ。やりたいことに時間とお金を使おう。

ドロップボックスとシュガーシンクを使うならどっち?

オンラインストレージで有名なのが
ドロップボックスとシュガーシンク。

北っちはどちらも使っているんですが
その上でこういうサービスを利用するのが
初めてな方に違いとメリットをご紹介。

ドロップボックスとシュガーシンクの違い

まず大前提として、

  • ドロップボックス
  • シュガーシンク

この2つのサービスのどちらも
オンラインストレージということ。

登録(無料)をすることで
ネット上にあなたが使える専用のロッカーが用意されます。

ここに画像やテキストなどの
ファイルを保存することでいつでも
中身を確認できるのがメリット。

Macでも、Windowsでも
スマホでもこのロッカーを
チェックすることが出来ます。

変更したりファイルを削除しても
ちゃんと反映されます。

 

じゃあ、何が違うのか?

それは2つ大きなポイントがあります。

  • 利用出来る容量
  • 反映速度

 

利用できる容量

ドロップボックスもシュガーシンクも
無料で利用することが出来ます。

シュガーシンク

ただし、2つには利用出来る
容量の大きさが限られます。

  • ドロップボックス→2GB
  • シュガーシンク→5GB

最初に登録した時点で
これだけでの容量がもらえます。

ちなみに2GBでも最初は十分です。

また、どちらのサービスにも
登録した後に容量を増やす手段もあります。
(有料プランではありません)

 

反映速度

これが北っち的にかなり重要。

例えばiPhoneから写真を
ネット上のロッカーにいれたとします。

その後、パソコンで確認して
ブログの記事に利用する場合、
なるべく早く反映されていて欲しいんです。

ドロップボックス

ドロップボックスとシュガーシンクの場合、
リアルタイム性が高いのはドロップボックス。

写真を上げてすぐに別のパソコンで
確認できるようになります。

シュガーシンクは決して遅いわけではないですが、
どちらかというと普段利用しないファイルなどを
保存しておくという使い方が使いやすいです。

このブログのバックアップファイルや、
当分使わない画像などを保管しております。

 

結局どちらが使いやすい?

ここまで紹介してきて、ドロップボックスと
シュガーシンクの2つ。

個人的にはドロップボックスの方が
最初に使いやすくて、
ファイルの入れ替えがしやすいのでおすすめ。

→ドロップボックスはこちら

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top