暇人北っちの趣味ブログアフィリエイト。

ギター、ゲーム、アニメ。やりたいことに時間とお金を使おう。

tapurの録音設定と保存形式をMP3にする方法!

前回tapurのインストールから
録音の手順を説明しました。

今回は録音時の設定と
MP3でファイルを保存する設定をご紹介!

LAMEコーデックをインストールする

tapurで録音した音声をMP3形式で
保存するにはコーデックという物が必要になります。

これは無料でダウンロード出来るので
一緒にやっていきましょう。

tapur設定1

まず、tapurの画面のヘルプから
LAME MP3コーデックをクリックします。

 

tapur設定2

するとこんなページが開きます。

赤枠の「Download」をクリックしてください。

 

tapur設定3

 

こんなファイルがダウンロードされます。
ダブルクリックしてください。

tapur設定4

このような中身が表示されます。
LameACM.infというファイルを見つけてください。

画像だと一番下のやつです。

これを右クリック。

 

tapur設定5

メニュー一覧に「インストール」というのが
あるのでクリックしてください。

これでOK。

tapurに戻ります。

tapur設定6

tapurメイン画面のメニューから
「ファイル」→「設定」をクリック。

 

tapur設定7

 

設定画面が開きます。

録音設定というタブがあるので
そこをクリックしてください。

tapur設定8

 

ここで録音に関する設定をしておきます。

 

◇録音時間の制限

録音する時間の最大を
決定できます。

60分くらいにしておきましょう。

それ以上も可能ですが、
ファイルのサイズが大きくなるので
そこだけお忘れないく。

 

◇通話相手への警告チャット

これは録音した時に相手に
録音していることを通知する機能です。

別にあってもいいんですが、
いきなりだと相手がびっくりするので
チェックを外しておきましょう。

 

◇音質

自分と相手の音量を調整出来ます。

テストで録音してみたところ、
25%くらいに設定しておけばOKです。

大きくし過ぎると音が割れて
雑音が入る原因になります。

 

◇保存形式

録音した音声を保存する
ファイル形式を選択することが出来ます。

一番使い安いのはMP3。

ここでMP3にチェックを入れると警告がでます。

tapur設定9

しかし、先程追加した
コーデックという物があるので、
そのまま「はい」を選択してください。

全部完了すればOKです。

tapur設定10

 

最終的にこうなっていればOKです。

最後に「適用」をクリックして
それから「OK」をクリックしてください。

 

以上で設定が完了しました!
これで快適なtapurライフが過ごせます。

コーデックとかややこしくて
分からない場合はいつでも
連絡してくださいね!

 →北っちへ連絡はこちらから

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top