暇人北っちの趣味ブログアフィリエイト。

ギター、ゲーム、アニメ。やりたいことに時間とお金を使おう。

音で思いを伝える。それがギタリスト。

北っちです。

久しぶりにコンポでCDをかけて
この記事を書いております。

パソコンで聞くよりも
やっぱり音楽を聞いてるっていう
実感が沸くからいいですなあ。

WS000002

 

かけている曲はコレね↓

やっぱり僕は音楽が好きですね。
僕はギター8年以上やってるんですよ。

ギターやバンドの話
しだすと長くなります。

⇛北っちが大学時代に軽音サークルでコピーしてた時の録音

その中でも大学時代の
バンドサークルはとっても大事な時間。

大学に入って初めて
バンドという物をしました。

最初はただ単純に
楽しかったんです。

大きな音を出して、
ライブをするって事が。

でも3回生の頃から
違うことを考えていました。

 

音で自分の気持ちを伝える。

気持ちの伝わるライブは
人を感動させる事が出来る。

 

僕はギタリストなので
ギターで自分の感情を伝えようとしました。

 

悲しい気持ちはピーンと
張り詰めた悲しい音。

楽しい気持ちは
ギャーン!!って楽しい音。

 

そこに上手い下手はいらない。

 

音が途切れたって、
ちょっとミスったって伝わるんです。

たった1音でも
それは伝わります。

 

そこで見てくれる人が
思いを受け取ってくれれば最高です。

これが『良いライブ』だと思ってます。

 

いくら演奏が上手でも
なんにも感じないライブなんて
面白くもなんとも無い。

 

大学3回生の頃は後輩達に向けて
音で自分の思いを伝えていました。

「バンドってめっちゃ楽しいんだよ」

「このソロのココがめっちゃかっこいいんやで!」

とか口で100回言うよりも
自分が演奏している姿、音を
見せて、聞いてもらったほうが早い。

 

それと、自分だけの音を突き詰める事。

コピーバンドって要は好きなバンドさんの
曲を文字通りコピーしてライブするんです。

けれど、ただコピーしたって
つまらないんです。

 

そこに自分の感情が入ってないから。

それも音で伝えるんです。

 

全く同じ音で演奏しなくてもいい。

僕は自分の音に
常にこだわっていました。

 

最終的にコピーバンドでも

「このバンドめっちゃかっこいいですね!」

じゃなくて

「北っちのギターの音すっごく好き!」

って行ってもらえるのが
めちゃくちゃ嬉しいんです。

 

自分が思いを込めて
鳴らした音がその人に響いたから。

 

ナルシストみたいに
見えるかもしれません。

 

でもそれでいいんですよ。

 

もともと音楽好きは
みんなナルシストみたいなもんです(笑)
音で思いを届けるのも
ブログやメルマガで思いを
伝えるのも同じ。

 

どんな形でもいい。
伝えていきましょ。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top