いえいえ、その後が大事なんです。
いえいえ、その後が大事なんです。
記事分析の3つのポイント~記事を書いたら分析しましょう~ – 暇人北っちの趣味ブログアフィリエイト。

暇人北っちの趣味ブログアフィリエイト。

ギター、ゲーム、アニメ。やりたいことに時間とお金を使おう。

記事分析の3つのポイント~記事を書いたら分析しましょう~

maind14記事やメルマガって
書いたら終わりって思ってるあなた。

いえいえ、その後が大事なんです。
自分の書いた記事やメルマガの分析ってしていますか?

反応の大きさで次の記事を考えよう

あなたはこんな経験がありませんか?

「よっしゃ、今日の記事はかなり上手に書けたぞ。
これはたくさんコメントも来るだろうし楽しみ~。」

こういう時って思ってた以上に
反応が薄くてがっかりしたこと。

でもこんな経験もありませんか?

「今日は思った事を書き殴ろう。」

しかし、思いをそのまま書いた記事が
大きな反応を呼ぶこと。

 

読者はどんな記事を読みたいのか。
どんな情報を欲しがっているのか。

ここを意識して記事やメルマガが
更新できればいいですよね。

そのために今まであなたが書いてきた
記事を振り返る必要があるんです。

 

反応の大きさを分析するにはこの3つ

記事を分析するといっても
難しく考える必要はありません。

3つのポイントを押さえて
おけばokです。

その3つとは・・・

アクセスの数

コメント、メッセージの数

リンクや証拠画像などのクリック率

これだけです。
一つづつ見ていきましょう。

アクセスの数

まずはここからです。

あなたがアクセス解析を導入されているなら
記事がどれくらい開かれているのか正確に見てみましょう。

注意して欲しいのはたくさんアクセスが
来ているからといって訪問者全員が
記事をきちんと読んでいるとは考えないことです

あくまで目安程度にみましょうね。

それでもアクセスは多い方が
反応の大きかった記事と言えるでしょう。

コメント、メッセージの数

アクセスの次がコメント、メッセージです。

コメントをくれた読者さんは
あなたの記事をきちんと読んだ可能性が高いからです。

可能性が高い、と書いたのは
コメント回りをされている場合は
お返しのこともあるからです。

メッセージは特に信頼できますね。

あなたの記事に興味がなければ
わざわざメッセージを送ってはこないでしょう。

1記事でメッセージがばんばん来るようなら
かなり反応は大きかったと分析出来ます。

 

リンクや証拠画像のクリック率

記事の中には誘導したいリンクや
実績の証拠画像などを載せる場合もありますよね。

クリック解析ツールを使用しているのなら
掲載したリンクが何回クリックされたのか
調べることが出来ます。

「お、実績がある人なのか。
ちょっと見てみようかな?」

「この紹介されてるレポート面白そうだな。
ちょっと覗いてみるか。」

こんな風に思った人がリンクをクリックしますよね。

クリック数が多かったということは
読者の気持ちを惹きつけることの出来た記事と言えます。

 

1つの視点からだけでは心もとない。

複数のポイントから分析することで
次の記事を更新する時にどうすれば大きな反応が得られるのか。

これが少しづつわかってきます。

 

今日からでも出来る事なので
あなたも過去の記事達を分析してみて下さいね。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 北っち さん

    こんにちは。ウエポンです。

    記事の分析は大事ですよね。
    僕も、良く分析していますが、
    分析に時間を使いすぎてしまうときがあって、
    ほどほどにしないと作業が進みませんね。。。

    注意しなければ。。。

    応援ぽち

    • ウエポンさん
      コメントありがとうございます。

      分析って意外に時間かかりますよねぇ・・・。
      作業時間とのバランスが大切ですね。

      ありがとうございました。

  2. 北っちさんへ

    初めまして、info 心と言います。

    記事の分析の仕方
    参考にさせていただきますね。

    実は、なにから分析すればいいか
    曖昧だったもので。。。(笑)

    ではでは、また来ますね。
    応援ポチッ!

    info 心

    • info心さん
      コメントありがとうございます。

      僕も最初はただアクセスを眺めて
      一喜一憂しておりました。

      ポイントを押さえて
      きちんと分析してくださいね。

      ありがとうございました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top